イベント

2013年9月25日 (水)

2013年3月ワシントン視察 ①NIH編

2013年3月に、ワシントンに視察に行ってきました。

 本学がんプロの重点課題である、がん看護に携わる看護職の育成に
関する情報を得ること、なかでも「上級臨床実践コース」として取り組んでいる
フィジカルアセスメント、シミュレーション教育について、
先駆的な取り組みを行っているNational Institutes of Health(以下、NIH)と、
The George Washington University(以下 GWU)において、
情報収集・視察することを目的としました。
 

 NIHでは、National Cancer Institute(NCI;がん研究センター)の
人材開発部長(E.Ness氏)に、NCIにおけるがん看護教育プログラムによる
人材育成(がん看護専門職育成)に関する情報収集ならびに、
施設見学(がん医療に携わる看護職の臨床実践場面と患者・家族面接に
使用される設備など)を行いました。

 1985年に同センター看護部門が開始した本教育プログラムは、
研修期間や内容の変遷を経て、最終的に2年間のコースとして確立、
がん医療に関する基礎的な講座(全24日間、リーダーシップ論、文書作成・プレゼン技法含む)のほか、
院外教育としてがん医療に関する議会の公聴会への参加や、
葬儀場での家族への対応、他施設(ホスピス、がんセンター)での研修などを
含む内容となっていました。  
 

 また、アウトカム評価として、資格取得状況を追跡しており、
コース修了後数年以内に参加者すべてがONSの定める専門資格、
あるいは小児がんの専門資格を取得していました。
 

 NIHを視察した日は、もうすぐ桜祭りという春を迎える時期でしたが、
ワシントンには雪が降り、寒い一日となりました。

 通院で化学療法を受ける病棟も見学させてもらいました。
写真は見学した一部です。



写真1 通院で化療を受けるUNIT
Unit


写真2 患者への情報提供のためのお部屋
Photo


写真3 情報提供の部屋の資料など
Photo_2

2012年11月10日 (土)

がん化学療法看護認定看護師スキルアップセミナー

2012年度聖路加看護大学がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン支援事業として、
主にがん化学療法看護認定看護師および教育課程修了生を対象にした
スキルアップセミナーを開催いたしました。
詳細はこちら

セミナーにおいては、医師で臨床実践や国内外で活躍されている、
聖路加国際病院の血液腫瘍科部長 森慎一郎氏を招き、最新の薬物療法、
オンコロジーナースに必要な基礎知識(血液像の見方)をテーマに講義を行いました。

日 時:11月10日(土)13:00~17:00
対 象:がん化学療法看護認定看護師(教育課程在籍・修了生も含む)
参加費:無料
場 所: 聖路加看護大学本館302教室
講 師: 森 慎一郎先生(聖路加国際病院 血液腫瘍科部長)
     ―がん化学療法のUp to date
     ―Oncology Nsに必要な基礎知識

 

2012年11月 8日 (木)

がんプロ看護学研究交流を開催しました。

慶應義塾大学、北里大学、聖路加看護大学の三大学の
がんプロ看護学分野の研究交流会を開催いたしました。

研究交流会の目的は、以下の2つでした。
①がん看護領域で学ぶ学生間で、研究・実践・教育に関する情報交換を行うこと
②学生間の交流を深め、今後の学術交流のネットワークにつなげること

内容としては、各大学の教員からの自己紹介、各大学の取り組みの紹介のほか、
大学院生からは、修士論文や興味のあるテーマについての発表などを行い、
その後は学生と教員に分かれて交流の場を持ちました。

今後も引き続き、各大学との交流活動を定期的に開催していく予定です。 

==============================
日時;2012年11月7日(水) 15時から17時 
場所;慶應義塾大学信濃町キャンパス
参加者;慶應義塾大学・北里大学・聖路加看護大学の大学院生・教員

2012年3月12日 (月)

APN教育に関するセミナー

2012年3月には、「APN教育に関するセミナー」を開催しました。

お二人の先生から、米国におけるAPN(上級実践看護師;Advanced Practice Nurse)の
教育に関する講話をしていただきました。
セミナーのポスターは、こちら

日時:2012年3月12日(月) 14:00-16:00
場所:聖路加看護大学403教室
参加:無料 逐次通訳あり
講師:VannaMDest先生
                 APRN, BC, AOCNOncology Nurse Practitioner
                 CyberknifeProgram Coordinator/
                 Cancer Genetics Testing Coordinator Hospital of Saint Raphael
       河面育子先生 RN (Japan/US), BA, MSN, AOCNS(R)
                           Candidate Yale University School of Nursing
 

2012年3月10日 (土)

がんの生殖看護国際セミナー

2013年3月には、『がんの生殖看護国際セミナー』を開催しました。


日時 : 2012年3月10日(土) 9:30-15:50
場所 : 聖路加看護大学アリスホール
参加 : 無料 逐次通訳あり
講演者:
◇塩田恭子先生聖路加国際病院女性総合診療部・生殖医療センター
◇森明子先生聖路加看護大学ウィメンズヘルス・助産学教授
◇中村希先生聖路加国際病院不妊症看護認定看護師
◇VannaMDest先生APRN, BC, AOCNOncology Nurse Practitioner
   CyberknifeProgram Coordinator/
      Cancer Genetics Testing Coordinator Hospital of Saint Raphael
◇河面育子先生RN (Japan/US), BA, MSN, AOCNS(R)
   Candidate Yale University School of Nursing

こちらのセミナーの紹介は、『2011年度がんプロ支援事業
がんの生殖看護国際セミナー報告 女性がん患者に対する生殖医療を考える』として、
がん看護の2012年7月号に本セミナーのまとめと報告が掲載されております。
ご興味のある方はぜひお読みください。

その他のカテゴリー